2014年03月16日

禁断の魔術【本】

禁断の魔術


東野 圭吾著 文藝春秋発行


=Story=
草薙の銀座の行きつけのクラブ「パール」、そこのホステス・アイは透視の芸を湯川の前で披露する。しかしそれから4カ月後アイは何者かに殺害されてしまうのだが。
プロ野球選手の柳沢忠正の妻・妙子が何者かに殺害されてしまう。犯人はすぐに捕まったが、妙子が買い誰かに送るはずだった置時計が残されていた。その時計はいったい誰への贈り物だったのか?
主婦の磯谷若菜が何者かに襲われてしまう、しかし彼女は発見が早く一命を取り留める。それは遠く離れて住む双子の御厨春奈が彼女のテレパシーを感じ夫の和宏に連絡をしたおかげだったのだが。
小芝伸吾はかつてお世話になって湯川準教授にあいさつに訪れる、それkら10カ月後一人のフリーライターが何者かに殺害されてしまう。容疑者として浮上してきたのは小芝伸吾だった。



=Comment=
この作品も図書館での順番がやっと回って来た作品。すでにドラマで描かれた作品もありましたが、今回はこの小説の方が数倍面白かったと思いました。
今回の作品で特に印象に残ったのは“曲球る”、犯人の心理とかじゃなく被害者である奥さんと崖っぷちプロ野球選手との愛情物語に目頭が熱くなりました。そして”猛射つ”で、湯川準教授がかつて教えた事がある青年が容疑者となる。しかし犯人は別人だった、しかしその青年がこれから起すであろう犯罪をなんとか未然に防ごうとする湯川準教授の姿に感動しました。湯川準教授ってどこか冷めてて他人とちょっと距離を置いてるイメージがあるので余計に感動してしまいました。
連ドラの最終回で”聖女の救済”を2回に分けて放送するよりはこちらの“猛射つ”をぢラマの最終回にして、”聖女の救済”を映画化すればよかったのにと小説ファンとして思ってしまいました。

posted by Hitomi at 15:53| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月09日

マイティ・ソー

マイティ・ソー


2011年 アメリカ映画


− 原題 − THOR


=Cast=
ソー:クリス・ヘムワーズ オーディン:アンソニー・ホプキンス ロキ:トム・ヒドルストン シフ:ジェイミー・アレクサンダー ヘイムダル:イドリス・エルバ ホーガン:浅野 忠信 ファンドラル:ジョシュア・ダラス ヴォルスタッグ:レイ・スティーヴンソン ジェーン・フォスター:ナタリー・ポートマン エリック・セルヴィック教授:ステラン・スカルスガルド ダーシー:カット・デニングス コールソン捜査官:クラーク・グレッグ フリッガ:レネ・ルッソ



=Comment=
日本代表として浅野 忠信さんが出演してると言う事で見るのを楽しみにしていた作品、吹替え版しか上映されてないかと思ってたら字幕版もあってホッとしました。
神の世界で最強戦士のソー、父王の意見に背き氷の巨人の世界へ行ってしまう。ソーは武器のムジョルニアをとり上げられ神の世界を追放され地球へくるのだが。
2D版でかまわないでの字幕で見たかったんですが、やっと見つけた字幕は今はやりの3Dでした。しかし、ソーが戦ってるシーン等はとっても迫力満点で3Dでも良かったかなと。今回はワーナーマイカルで見たので前回使用したマイメガネ持参で行ったので100円お得になりましたし。
実はマイティ・ソーがアメコミだって事は知ってたんですが、そこに出てくる国とか武器とか神の国の人物とか北欧の神話に出てくるとは知りませんでした。神さまだって後継者問題で揉めるし、兄弟で嫉妬とかしたりするの。しかも弟ロキには出生の秘密があってそのことも事件の発端になってるが面白い。
地球に追放されたソーは自分を救ってくれ話を聞きたがってるジェーンの研究資料を根こそぎ取られたので、全力で取り返しに行く。それは自分の武器を取り返す為でもあるんだけど、それでもカッコいい。本当にカッコいいのは父王、ちゃんとソーの良いところも解ってるし王としての威厳と風格がカッコいい。何より父王が出てくることで一応諍いも沈静化するのがやっぱり王だよねと感心してしまう。
最後の兄VS弟の対決もいい、アスガルド王の息子として育ちながら実は敵がたの王の息子だという弟の劣等感も分かるし、弟が何者であろうとも弟には変わらないから直接対決はしたくないという兄の気持ちも分かる。だからこそ彼らの運命に心痛くなりました。
エンドロール後の映像を見るとなんだか続編の予感がビシビシと伝わってきましたがどうなんですかね?あれば是非見たいですね。そうそう、日本から参戦した浅野さんセリフは少なめでしたが存在感はバッチリでした。




“2011年7月11日旧ブログで公開した記事“
posted by Hitomi at 22:12| 広島 ☀| Comment(0) | 映画 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイティー・ソー / ダーク・ワールド

マイティ・ソー / ダーク・ワールド
2013年 アメリカ映画

原題 THOR : THE DARK WORLD

=Cast=
ソー:クリス・ヘムズワース ジェーン:ナタリー・ポートマン ロキ:トム・ヒドルストン オーディン:アンソニー・ホプキンス エリック・セルヴィック:ステラン・スカルスガスド ヘイムダル:イドリス・エルバ マキレス:クリストファー・エクルストン アルグリム:アドウェール・アキノエ=アグエバ ダーシー:カット・デニングス ヴォルスタッグ:レイ・スイティーヴンスン ファンドラル:ザカリー・リーヴァイ ホーガン:浅野 忠信 シフ:ジェイミー・アレクサンダー フリッガ:レネ・ルッソ

=Comment=
これはシリーズものなので、楽しみにしていた作品。アベンジャーズ以降やっぱりキーマンはロキですかね。
アメコミヒーローものなんで、まぁストーリーはツッコミ所満載ですが(笑)さらに戦闘シーンも《アベンジャーズ》程の迫力はないのですが、今回もソーとロキ兄弟の心理戦はとても面白かったです。
今回時特に笑ったのは、ソーがロキを地下牢から救い出し秘密の抜け道を案内させるシーン。ロキの魔術の一つ変身、いろんな人に化けますが、あのアベンジャーズの一員のヒーローになるあたりは思わず噴き出してしまいました。
ラストに向けてソーがあっちの世界へいったりこっちの世界に行ったりとしながらマキレスと戦うシーン凄かったですね。
そして最後までロキの幻覚騙されていたようで(笑)、ラストはビックリというかやはり狡猾なロキのしそうな事というか、さらにこの先がどうなるのか楽しみになりました。
そしてお決まりのおまけのシーンはアベンジャーズ2への布石ですかね?ソーとジェーンの恋の行方も気になりますね。
 
posted by Hitomi at 22:06| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 ま行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。