2014年05月03日

よしきた、ジーヴス【本】

よしきた、ジーヴス 【本】

P・G・ウッドハウス著 森村 たまき訳 国書刊行会発行

=Story=
カンヌで2カ月過ごしたバーティー、久しぶりにイギリスに戻って来たがフランスで買った白いメスジャケットを執事のジーヴスに批判される。バーティーが留守の間に旧友のガッシーが何度も恋愛相談に来たと聞き、バーティーは自分任せろと言う。
さらに、時を同じくして従妹のアンジェラと婚約者のタッピーが湧かれたと聞く。慌ててブリンクレイ・コートに向かうバーティー、いままでのように頭脳が冴えないジーヴスに代わってバーティーは、ガッシーとタッピーの両方の縁を持とうと画策するのだが。

=Comment=
前回《比類なきジーヴス》を読んでとっても面白かったので、是非他の作品も読みたいと思ってましたがなかなか時間が取れなくて。今回思い切って時間作って読みました。相変わらずバーティーとジーヴスのやり取りが面白いし、彼の周りの人間もみんな愛すべき人たちばかりであっという間に読み終えてしまいました。
今回はバーティーが2組のカップルを上手くいくように画策し、さらにダリア叔母さんから頼まれたブリンクレイコート・グラマースクールのスピーチを無理やり友人のガッシーに押しつけちゃう。
バーティーが考えた作戦はご飯を食べなければ相手はどうしたのかと気にするそこから関係が上手くいくというもの、しかしそこにはガッシーもタッピーもいてしかも2人とも食事に殆ど手をつけ無かった事から、ダリア叔母さんのところのシェフは落ち込んでしまい辞表を出してしまう始末でもうひっちゃかめっちゃか。
しかもバーティーが計画を実行すればするほど事態がわるくなってkいくのが可笑しい、そしてブリンクレイコート・グラマースクールでのガッシーの表彰式のところは本当に大笑いしながら読んでしまいました。
ラストは不調と思われたジーヴスが丸く収めてハッピーエンド、問題のメスジャケットの行方にもクスって笑ってしまいました。


″2013年3月22日旧ブログにて公開した記事″

posted by Hitomi at 18:00| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。