2014年05月17日

それでも夜は明ける

それでも夜は明ける


2013年 アメリカ映画


原題 12YEARS A SLAVE


=Cast=

ソロモン・ノーサップ / プラット:キウェテル・イジョフォー エドウィン・エップス:マイケル・ファスベンダー オード:ベネディクト・カンバーバッチ ジョン・ティビッツ:ポール・ダノ フリーマン:ポ^ル・ジアマッティ パッツィー:ルピタ・ニヨンゴ バス:ブラッド・ピット


=Comment=

アカデミー賞受賞で急遽広島でも公開になり本当に良かったと思いました。

自由黒人であったソロモンが、騙されて12年もの間奴隷として働かされる。どんなに真実を言っても誰も聞き入れてくれない、と言うかだれも聞く耳を持たない。それってどんなに辛く哀しく孤独な事だろうかと、想像するだけで胸が締め付けられる思いがしました。

途中でパッツィーが沼に沈めて欲しいと懇願するシーンがありましたが、彼女の気持ちが分かる気がしました。

地主のエップスのやり方は目を覆いたくなるようなものでしたが、ソロモンの最初の雇い主フォードも穏やかで優しそうなふりしても彼が自由黒人と知りながらも彼を働かせたり売ったりしてるんで結局は同類なんですよね、何だかやりきれない気持になりました。

それでも、ソロモンは途中で出会ったバスのおかげで自由の身である事が証明され元の生活に戻れたけれど、最後まで働かされる人たちも沢山いたと思うと切なくなりました。


"2014年3月23日鑑賞"
posted by Hitomi at 18:00| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。