2014年05月19日

ジェネラル・ルージュの凱旋

ジェネラル・ルージュの凱旋

2009年 日本映画

=Cast=
田口 公子:竹内 結子 白鳥 圭輔:阿部 寛 速水 晃一:堺 雅人 花房 美和:羽田 美智子 佐藤 拓馬:山本 太郎 沼田 利博:高嶋 政伸 如月 翔子:貫地谷 しほり 三船 啓二:尾美 としのり 藤原 真琴:野際 陽子 黒崎 誠一郎:平泉 成 高階 権太:國村 隼 垣谷 雄次:佐野 史郎 酒井 利樹:玉山 鉄二

=Comment=
《チーム・バチスタの栄光》の続編、田口・白鳥コンビも復活してジェネラルと呼ばれる救命救急センター長の癒着を調べる。
今回は救命救急センター長速水の癒着問題を調べる田口先生、そこにあの厚生省の白鳥もやってきて事件の真相を究明する。前半部分はかなりのコメディタッチで私が見た劇場でもかなり笑い声が聞こえました、私も結構笑いました。
グチ外来とも言われている不定愁訴外来の田口先生のノンビリ雰囲気と、救命救急センターの1秒を争う医療とピリピリした雰囲気とが対照的で面白かったです。オープニングのモノクロのシーンも好きでした。
ジェネラル・ルージュと呼ばれている救命救急センター長の速水先生、医師としての腕前はいいけれどまるで子供のよう。いつもチュッパチャップス舐めてる姿もまた子供みたい、しかもキレ者なので余計に子供っぽい姿が印象的でした。
速水先生は本当に癒着していたのか?もししてういたとしたらそれは個人の利益を得る為だったのか?倫理委員会の副会長沼田やその他の者は速水先生の事をよく思ってないみたいだし。
破天荒な厚生省の白鳥もやってきて、めちゃくちゃになりそうでいてそうでもなさそうでいて(笑)彼の直球的なやり方が最終的には解決方向に向かうのが面白いですね。そうそうチーム・バチスタのメンバーもちょっとだけだけど出てきたのも嬉しかったです。
今回ジェネラル・ルージュと呼ばれる速水を演じた堺さん、いやぁ見るたびに今までのイメージとは違った表情を見せてくれますね。患者と向き合ってる表情なんて凄く素敵でした。
前作も面白かったです。時間があればもう1回見に行きたいですね。


"2009年3月8日旧ブログにて公開した記事"

posted by Hitomi at 18:00| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。