2014年06月07日

Disney'sクリスマス・キャロル

Disney'sクリスマス・キャロル

2009年 アメリカ映画

− 原題 − A CHRISTMAN CAROL

=Cast=
エベニーザ・スクルージ/過去、現在、未来の精霊:ジム・キャリー マーレイ/ボブ・クラチット/ティム少年:ゲイリー・オールドマン フレッド:コリン・ファース ベル/ファン:ロビン・ライト・ペン フェジウィッグ/ジョー老人:ボブ・ホスキンス 

=Comment=
原作は未読ですが以前にCSでアニメ映画の《クリスマス・キャロル》を鑑賞済みでストーリーはだいたい知っていたので興味深く鑑賞出来ました。ジム・キャリーやゲイリー・オールドマンがいろんな役を使い分けててビックリしました。
金貸し業のエベネーザ・スクルージはケチで慈悲も無い、そんな彼の前に現れたマーレイの亡霊。彼が送ってきたのは3人の精霊。
まず最初に見るのは過去のスクルージ、そこにはまだ夢を描いていて優しい心を持った自分。少年の頃の故郷につれて行かれた時に、一瞬涙を見せるスクルージだけどその時にはまだ「目にゴミが入っただけ」と強がる姿。しかし現在のクリスマス・イヴを旅して、クラチットの末息子が足が悪く長生きできないであろう事を知り、そして甥のフレッドの晩餐会見てちょっとずつ気持ちが変化していく様がいい。
そして最後の未来、そこでスクルージが見たのはえらく評判が悪い男が亡くなった話。ベッドのカーテン等も盗まれ、葬式も食事が食べられるから出るなんて言われる始末。その事実を見て、そしてまた自身のベッドの上に戻って来てる事に感謝して心入れ替える。まぁあんな未来を見せられると、たいていの人が心入れ替えるのかな。
前回アニメで見た時も面白かったんですが、今回ジム・キャリーやゲイリー・オールドマンがパフォーマンスキャプチャーで映像化されてて面白かったですね。しかしゲイリー・オールドマンは、かなり分からなかったくらい。でもそれぞれの俳優さんの演技も素晴らしくて見ごたえ十分でした。

"2009年11月14日旧ブログにて公開した記事"
posted by Hitomi at 18:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

レミーのおいしいレストラン

レミーのおいしいレストラン

2007年 アメリカ映画

− 原題 − RATATOUILLE

=Voice Cast=
レミー:パットン・オズワルド グストー:ブラッド・ギャレッド コレット:ジャニーン・ガファロ イーゴ:ピーター・オトゥール リングイニ:ルー・ロマノ スキナー:サー・イアン・ホルム

=Comment=
見ようかどうしようか悩んだんですが、なんかネズミものって結構好きなんですよね〜。ハムスター飼った事もあるし。
かわいく頭の良いネズミといえばすぐに《トムとジェリー》のジェリーとか《マウスハント》のネズミとか思い出すんですが、今回のレミーも頭がよくしかも嗅覚も味覚も優れててそして料理の才能あり!もうかわいい
そしてドジで料理の才能ナシの(笑)リングイニ、終始オドオドした感じなんですがレミーにお陰で?少しはしっかりしてきたのかな(笑)
イヤミな料理長のスキナーは虎視眈々とグストーのお店を相続しようと狙ってていじわるをして、リングイニが店をついでからレミーを罠にかけたりと本当にイヤなヤツ。でも最後には勿論リングイニとレミーのハッピーなのでホッと胸をなでおろしました。
もう一人のイヤなヤツ評論家のイーゴ、彼はグストーの店をコケおろしてたんだけど最後は子供の頃の思い出の料理を食べてグストーの店を大絶賛!しかもラストはリングイニにもレミーにも良いことをしてハッピーエンド。
原題のラタトゥイユとはフランスの伝統的な家庭料理だそうです。この映画見てたら美味しいもの食べたくなりました。

"2007年8月11日旧ブログにて降下して記事"
posted by Hitomi at 18:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 ら行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

月とキャベツ

月とキャベツ
1996年 日本映画

=Cast=
花火:山崎 まさよし ヒバナ:真田 麻垂美 理人:鶴見 辰吾

=Comment=
この映画の主題歌「One more time, One more Chance」の歌詞が映画のストーリーと重なってて切なく仕上がってます。
見終わった後、月を見上げてちょっとひたりたくなります。
演技経験のない山崎さんは、もちろん名演技ではないけれどとっても十分存在感がありストーリーの中にとけこんでいました。
この映画の中で「One more 〜」をピアノで弾き語りで歌ってますが、ギター1本で歌うのを聞くと鳥肌が立ちます。
映画の中で、キャベツステーキを美味しそうに食べてるのを見ると、キャベツ食べたくなります(笑)
あと、八重歯の山崎さんとっても懐かしいです・・・。

"2004年10月14日旧ブログにて公開した記事"
posted by Hitomi at 18:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 た行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。