2014年08月30日

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

2013年 ドイツ映画

− 原題 − THE DEVIL'S VIOLINIST

=Cast=
ニコロ・パガニーニ:デヴィッド・ギャレット ウルバーニ:ジャレッド・ハリス シャーロット・ワトソン:アンドレア・デック エセル・ランガム:ジョエリー・リチャードソン ジョン・ワトソン:クリスチャン・マッケイ エリザベス・ウェルス:ヴェロニカ・フェレ バーガーシュ卿:ヘルムート・バーガー

=Comment=
実はパガニーニというヴァイオリニストは事はまったく知らず、映画の内容も良く分からないままたまにはこういうミニシアター系を見に行こうかなと思って見に行きました。
パガニーニはかつて超絶技巧だったため悪魔のヴァイオリニストと呼ばれていたんですね。
ウルバーニに出会うまでのパガニーニは前座であ客さんにも音楽を聴いてもらえない日々だったんですが、ウルバーニをマネージャーに迎えてイメージ戦略であっという間に有名人になってくんだけど、最初からパガニーニの態度はあまり好きになれませんでした。女たらしで何か薬物依存な感じだし、横柄な態度で、しかしヴァイオリンの事がまったく分からない私でも“凄い”って思えるほど凄く素敵なヴァイオリンの音色に感動してしまいました。
ロンドン公演の時に尽力を尽くしてくれたジョン・ワトソンの娘さんと恋に落ちたのはありがちなストーリー、しかし別れた後もパガニーニはずっと彼女の事を思って一緒になりたいと思っていたのに彼女のほうは前に進んで別の素敵な男性と結婚して幸せな生活を送るという対照的な事にビックリしました。

"2014年8月3日鑑賞"
posted by Hitomi at 00:13| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。