2014年06月30日

宇宙人ポール

宇宙人ポール

2010年 イギリス / アメリカ映画

− 原題 − PAUL

=Cast=
グレアム:サイモン・ペッグ クライブ:ニック・フロスト ゾイル:ジェイソン・ベイトマン ルース:クリステン・ウィグ ビッグ・ガイ:シガニー・ウィーヴァー ポール:セス・ローゲン

=Comment=
これは会社の同僚から面白そうと言われて早速見に行った作品、やっぱりサイモン・ペッグ&ニック・フロスト作品にハズレなしという事がわかりました
アメリカでのコミコンでのシーンから笑満載、グレアムとクライブがファンだというSF作家との会話も面白い。そしてやっぱり宇宙人のポールに出会ってからはもうどれだけ笑った事か(笑)いきなり失神&失禁のクライブ、とりあえず彼を車まで運ぶ宇宙人とグレアム。宇宙人を助ける事にしたグレアム、目が覚めて事情が呑み込めないクライブという図も面白い。しかし宇宙人ポールを追いかける捜査官、彼らが出てきてさらに笑が増す。まず新人捜査官が検問してるシーンが間抜け、さらに宇宙人一行が検問をパスした後夜明けに暇だからってかくれんぼしちゃてるんだもん。
さらに旅の途中で出会った信仰心の熱いルースがまた面白い、そんな彼女を巻き込んでの旅は更に面白さ倍増でした。さらに宇宙人ポールが地球のアメリカに長いし過ぎてて完全にアメリカナイズされちゃってるし、そういえばあの「E.T.」にアドバイスしたのもポールだったらしいし(笑)
ラストはちょっとホロッと来ちゃいましたが、やぱっぱり笑いで締めてくれるのもいい。ゾイルの名前がロレンツォでグレアムとクライブが声を合わせて「ロレンツォのゾイル!?」って叫んだのは笑ってしまいました。まさかの「ロレンツォのオイル」とかかってるとは(笑)
これは本当に面白かったです、できればもう一回見たいです。サイモン・ペッグ&ニック・フロスト最高ですね。

"2011年12月23日旧ブログにて公開した記事"
posted by Hitomi at 21:00| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。