2014年07月06日

皇帝ペンギン

皇帝ペンギン


2005年 フランス映画


- 原題 - LA MARCHE DE L'EMPEREUR

- 英題 - THE EMPEROR'S JOURNEY

=Cast=


母ペンギンの声:ロマーヌ・ボーランジェ 父ペンギンの声:シャルル・ベルリング 子ペンギンの声:ジュール・シトリュック

=Comment=
厳しい寒さの中必死で自分の子供をなんとか産み育てようとしているペンギン夫婦の愛情に感動しました。
メスがえさを取りに行っている間身を寄せ合って卵を一生懸命守っているお父さんペンギン、自分も疲れているのにこれからかえるであろう雛のためにえさを一生懸命とっているお母さんペンギン、健気でとってもかわいい。
でもこの映画はただ可愛いところばかり見せるのではなく、時にはそんな厳しい自然に負けてしまうものもいるし天敵に襲われて命を失うものもいるということもちゃんと描かれていた。
そして子供っていうのはどんな生き物でも無条件にかわいいですね(笑)、子ペンギンの愛らしさは本当にスクリーンの中に入って抱きしめてあげたいくらいです。
この映画を見て命が生まれて育っていくことの奇跡を再確認した気がしました。
あっそうそう、この映画観てたら昔《ながいながいペンギンの話》っていう双子のペンギンの子供のお話の本を思い出しました。
"2005年8月21日旧ブログにて公開した記事"

posted by Hitomi at 20:33| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/401154331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『皇帝ペンギン(吹替版)』
Excerpt: 南極の大自然で生きる皇帝ペンギンの奇跡のドラマあたりまえの愛情と優しさが、心に満ちてくる ■監督・脚本 リュック・ジャケ■キャスト 吹替版:大沢たかお、石田ひかり、神木隆之介        字幕版ロ..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2014-07-12 22:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。