2014年09月07日

AMADEUS

AMADEUS

=Cast=
アントニオ・サリエリ:F・マーリー・エイブラハム ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト:トム・ハルス コンスタンチェ・モーツァルト:エリザベス・ベリッジ

=Description=
私がこの映画に出会ったのは、高校生の頃でした。(しかもリアルタイムです。)この映画をきっかけに、モーツァルトにとても興味を持ち、本を買いあさったり、今まで聴くことのなかったクラシック音楽(モーツァルトのみですが)も聴くようになりました。
モーツァルトは子供の頃から神童と呼ばれ特別扱いされてたが故に、大人になりきれない部分があったり、サリエリは努力家ではあるが凡人であるが故に神から与えられたモーツァルトの才能に嫉妬したりと、人間関係の縮図が見れます。
この映画の中のサリエリを憎めないのは、やはり自分も凡人であり何かを成し遂げる為には多大なる努力をしなければならない人間であり、自分の周りにモーツァルトのような人間がいれば間違いなく同じように嫉妬するだろうと思うからです。
でもこの映画の中のモーツァルトも、天真爛漫だったりして憎めないんですけどね。
そして、モーツァルトの音楽は魅力に満ちていて心惹かれます。
映画の中のモーツァルトのセリフに「自分が作った音楽に不要な音符は一つも無い」そうです。

"2004年10月27日旧ブログにて公開した記事"
posted by Hitomi at 21:28| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

思い出のマーニー

思い出のマーニー

2014年 日本映画

=Cast=
杏奈:高月 彩良 マーニー: 有村 架純 頼子:松嶋 菜々子 大岩 清正:寺島 進 大岩 セツ:根岸 季衣 老婦人:森山 良子 ばあや:吉行 和子 久子:黒木 瞳 彩香:杉咲 花

=Comment=
なんだかんだでジブリ作品は見てしまいます。今回は、イギリス文学を北海道を舞台にしたストーリーにしてました。
杏奈が病気療養のため、田舎のおばさんの家で過ごし、そこで出会った謎の少女マーニーと心通わせる事によって成長していく物語。
杏奈を頑なな子にしてしまったのは、自分が幼女でありその事で養母が行政からお金をもらっていた事で余計に母親と分かりあえなかったから。思春期の頃の独特な、何でも汚らわしく見えてくる感じとか、特別な友達と特別な秘密を共有したいという感じがたまらなく懐かしいなって思いました。
そしてマーニーが住んでいた家に新たに引っ越してきた女の子と地元の無口なおじさん、そしてマーニーの家の絵を描いていたおばあさんと交流することでマーニーの真実が分かった時涙が流れてきました。
ラストに杏奈を迎えに来た母に優しい態度が出来たのにも涙が出てしまいました。
ぜひ原作本も読んでみたいなと思いました。

"2014年7月20日鑑賞"

posted by Hitomi at 23:36| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

オー!ファーザー

オー!ファーザー

2013年 日本映画

=Cast=
由紀夫:岡田将生 多恵子:忽那汐里 悟:佐野史郎 鷹:河原雅彦 勲:宮川大輔 葵:村上淳 富田林:柄本明

=Comment=
伊坂さん原作の作品となるとやっぱり見逃すわけにはいきませんでした。
父親が4人いる高校生の由紀夫、そして彼に思いを寄せる同級生の女子生徒多恵子、さらに不登校になった同級生、さらには幼馴染の男子学生。一見何の関係もないように見える出来事がひとつひとつおきて行く、しかしその小さなひとつひとつの出来事がラストに向けて全てが繋がっていく、思わず「おー、そうきたか!」と楽しくなる映画でした。
主人公の由紀夫にはお父さんが4人、誰がお父さんか分からないから4人と共に生活をするとかあり得ない、あり得ないけど面白い。そのお父さんたちがそれぞれ個性的、ギャンブル好き、元ホストで女性扱いに慣れてる、体育の先生、さらには頭脳明晰な大学教授、全て網羅してる感じ、だから由紀夫も飄々としてるようで実はいろんな知識があったりする。そんな彼はいろいろと悩める高校生だけど、なんだかんだ言ってそんな構成的なお父さんたちが大好きで、信頼しているんですね。だから最後にはしっかり事件解決という訳です。

ただ、岡田くんそろそろ高校生役ってゆうにはちょっと無理があるんじゃないでしょうか?特に忽那さんと一緒に並んでるとやっぱり年齢が出ちゃってます(笑)

"2014年5月25日鑑賞"
posted by Hitomi at 11:17| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画 あ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。