2014年08月29日

グランド・ブタペスト・ホテル

グランド・ブタペスト・ホテル


2013年 イギリス / ドイツ映画


原題 THE GRAND BUDAPEST HOTEL


=Cast=

ムッシュ・グスタヴ・H:レイフ・ファインズ ミスター・ゼロ・ムスタファ:F・マーレイ・エイブラハム ヘンケルス:エドワード・ノートン セルジュ・X:マチュー・アマルリック アガサ:マチュー・アマルリック ドミトリー:エイドリアン・ブロディ ジョプリング:ウィレム・デフォー クロチルド:レア・セドゥ 代理人コヴァックス:ジェフ・ゴールドブラム ムッシュ・ジャン:ジェイソン・シュワルツマン 若き日の作家:ジュード・ロウ マダムD:ティルダ・スウィントン ルートヴィヒ:ハーヴェイ・カイテル 作家:トム・ウィルキンソン ムッシュ・アイヴァン:ビル・マーレイ ムッシュ・チャック:オーウェン・ウィルソン 若き日のゼロ:トニー・レヴォロリ


=Comment=

はい、ウェス・アンダーソン監督作品大好きです!もちろん新作と聞けば見逃すわけにはいきません。

今回の舞台はヨーロッパにある一流ホテル、そこでかつて働いていた伝説のコンシェルジュのお話。そのコンシェルジュの話を書いた作家がまだ若かりし頃、そのホテルのオーナーから聞いた話を振り返るという形。

コンシェルジュのグスタヴとバルボーイのゼロの師弟関係は完璧な感じ、しかしグスタヴがマダムDの殺人の容疑者にされてしまう。彼が逮捕されるまでの行程が面白い、しかし逮捕されるも刑務所から脱獄しようと奮闘する姿がさらに面白い。

とにかく沢山の主役級の俳優さんが出てるですが、みなさんいい味出してて素晴らしいんですよねさすがって感じでした。しかも真面目な感じなのにコミカルな演技をするから余計に面白さ倍増でした。しかもいろいろなシーンがコラボしてて伏線もたっぷりあって、爆笑ではないけれどクスクスとした面白さがありました。

個人的には、ウィレム・デフォー、マチュー・アマルリックそしてエドワード・ノートンがいい味出してたたなと思いました。


"201468日鑑賞"


posted by Hitomi at 21:58| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

皇帝ペンギン

皇帝ペンギン


2005年 フランス映画


- 原題 - LA MARCHE DE L'EMPEREUR

- 英題 - THE EMPEROR'S JOURNEY

=Cast=


母ペンギンの声:ロマーヌ・ボーランジェ 父ペンギンの声:シャルル・ベルリング 子ペンギンの声:ジュール・シトリュック

=Comment=
厳しい寒さの中必死で自分の子供をなんとか産み育てようとしているペンギン夫婦の愛情に感動しました。
メスがえさを取りに行っている間身を寄せ合って卵を一生懸命守っているお父さんペンギン、自分も疲れているのにこれからかえるであろう雛のためにえさを一生懸命とっているお母さんペンギン、健気でとってもかわいい。
でもこの映画はただ可愛いところばかり見せるのではなく、時にはそんな厳しい自然に負けてしまうものもいるし天敵に襲われて命を失うものもいるということもちゃんと描かれていた。
そして子供っていうのはどんな生き物でも無条件にかわいいですね(笑)、子ペンギンの愛らしさは本当にスクリーンの中に入って抱きしめてあげたいくらいです。
この映画を見て命が生まれて育っていくことの奇跡を再確認した気がしました。
あっそうそう、この映画観てたら昔《ながいながいペンギンの話》っていう双子のペンギンの子供のお話の本を思い出しました。
"2005年8月21日旧ブログにて公開した記事"

posted by Hitomi at 20:33| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

キャプテン・アメリカ / ウィンター・ソルジャー

キャプテン・アメリカ / ウィンター・ソルジャー


2014年 アメリカ映画


原題 CAPTAIN AMERICA : THE WINTER SOLDIER


=Cast=

スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ:クリス・エヴァンス ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ:スカーレット・ヨハンソン バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャー:セバスチャン・スタン サム・ウィルソン/ファルコン:アンソニー・マッキー マリア・ヒル:コビー・スマルダーズ ニック・フューリー:サミュエル・L・ジャクソン


=Comment=

実は前作はスカパーでの鑑賞だったんですが、今回は迷わず劇場に見に行きました。なぜなら《アベンジャース》でのキャプテンの活躍が素敵だったから。

この作品も《アイアンマン3》や《マイティー・ソー》と同じように《アベンジャーズ》後のお話になってました。しかも今回はシールドの中も敵だらけで、取りあえず信じられるのはアベンジャーズの仲間のみとう状況の中キャプテンは大活躍でございました。

ファルコンという新しい仲間も出来ましたが、前作でも出てきた幼馴染で戦死したはずのバッキーが最強の敵として出てきたのにはビックリ。そしてキャプテンとの戦いにはハラハラドキドキして手に汗を握りました。

お決まりのオマケの映像は、アベンジャーズ2に繋がるものでしたね。次のアベンジャーズがどうなるのか?さらに楽しみになりました。


"2014年4月19日鑑賞"
posted by Hitomi at 21:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。