2014年06月08日

カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家

2009年 アメリカ映画

− 原題 − UP

=Voice Cast=
カール・フレドリクセン:エドワード・アズナー ラッセル:ジョーダン・ナガイ ダグ/アルファ:ボブ・ピーターソン チャールズ・モンツ:クリストファー・プラマー

=Comment=
最初のショートムービー《晴ときどきくもり》、これほぼサイレントなんだけどなんか心がほんわか暖かくなる作品。空の雲が地球上の生物の赤ちゃんを作ってそれをコウノトリが運んでいる、みんな可愛い赤ちゃんばかりなのに一つだけ猛獣の赤ちゃん(笑)しかしこの雲のコウノトリと雲との関係が素敵、コウノトリがよその雲に行った時には起こって雷おこしたり泣いて雨降らしたり。でもコウノトリは他の雲に体守るもの作ってもらってただけ。短いけどしっかり心に伝わってきました。
本編の方は、最初のカールとエリーの出会いからエリーが亡くなるまではセリフはまったくなし。しかし退屈では無く、そうすることで2人は本当に幸せで楽しい事も苦しい事も分かち合って生きてきたんだなって思えるもの。
家に沢山の風船付けたら本当に空飛ぶのかどうかは分かりませんが(笑)、沢山の風船で南アメリカの“パラダイス・フォール”へ。そこに偶然ラッセル少年も居合わせてしまって2人で向かう。近くまではあっという間に着いちゃって「えっ、もう?」って思ったんですが、そこからの冒険がとっても面白かったですね。
ラッセルとともに家を担いで徒歩で滝の所まで、そこにそこに住む怪鳥と出会ったあり飼い主に鳴き声が人間の言葉に聞こえるような首輪付けてもらってる犬とか出てきて面白い。しかもそこには怪鳥を捕まえて名誉挽回しようとしてるチャールズ・モンツまでいたりして(笑)
カールじいさんが子供の頃に活躍し冒険家のチャールズ、カールがじいさんになった今でも生きてるっていったい何歳なんだよ!とツッコミ入れたくなりましたが(笑)最終的にチャールズから怪鳥を救うため立ち向かうカールじいさんはかっこよかったです。
今回は字幕版で3Dでは無い方での鑑賞でしたが、もし時間があれば3Dでも見てみたいですね。カールじいさんと冒険の旅に出てる気分味わいたいです。

"2009年12月5日旧ブログにて公開した記事"
posted by Hitomi at 18:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

ギルバート・グレイプ

ギルバート・グレイプ
1993年 アメリカ映画

=Cast=
ギルバート:ジョニー・デップ アーニー:レオナルド・ディカプリオ ベッキー:ジュリエット・ルイス

=Comment=
田舎町に住む青年は母親と弟の面倒を毎日見る中での新しい出会い、そしてこのお兄ちゃんとっても優しいんです。弟や妹そして母親思いで・・・私にもお兄ちゃんが二人もいるのにこんなには優しくないので・・・。
アーニーの無邪気さを、ディカプリオが好演、演技うまいです。正直主演のジョニー・デップくってる感じがします。(ジョニー・デップももちろん名優で大好きです) "2004年10月10日旧ブログにて公開した記事"

posted by Hitomi at 18:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月01日

キャプテン・フィリップス

キャプテン・フィリップス

2013年 アメリカ映画

ー 原題 ー CAPTAIN PHILLIPS

=Cast=
リチャード・フィリップス船長:トム・ハンクス ムセ:バーカッド・アブディ ビラル:バーカッド・アブディラマン ナジェ:ファイサル・アメッド エルミ:マハト・M・アリ シェーン・マーフィー:マイケル・チャーナス ケン・クイン:コーリイ・ジョンソン SEAL部隊長:マックス・マーティーニ ジョン・クローナン:クリス・マルケイ フランク・カステラーノ艦長:ユル・ヴァスケス マイク・ペリー:デヴィッド・ウォーショフスキー アンドレア・フィリップス:キャサリン・キーナー

=Comment=
トム・ハンクスの新作で予告編みて面白そうだなと思ったので観ました。
いつものように海上勤務に出かけた船長、しかしソマリア沖で海賊に襲われ人質となってしまう。朝奥さんと別れ船に乗船するまでは本当にフィッリプス船長にとっていつもと同じ日々だったんですよね。その普通の雰囲気から海賊船がコンテナ船を追いかけるシーン当たりから一転して緊迫した雰囲気になっていくのがハラハラしました。
さらに海賊が船に乗り込ませないようい攻防するの間もなんとか持ちこたえてと思いましたが、海賊が船に乗り込んでから船長がなんとか乗組員を守ろうと必死になってる姿に心打たれました。さらに皆を守るために一人で人質になって救命艇に乗り込んでる姿も。
最後に海軍との攻防戦になった時には息を殺して見入ってしまいました。船長の勇気ある行為も素晴らしいですが、ソマリア地域で彼らがどうして海賊行為をしていく事になったのか?それも考えてしまいました。

"2013年12月11日旧ブログにて公開した記事"

posted by Hitomi at 18:00| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 か行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。