2014年04月21日

劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇

劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇

2013年 日本映画

=Cast=
当麻 紗綾:戸田 恵梨香 瀬文 焚流:加瀬 亮 セカイ:向井 理 謎の白い女:大島 優子 野々村 光太郎:竜 雷太 吉川 州:北村 一輝 青池 里子:栗山 千明 城旭斎浄海:香椎 由宇 正汽 雅:有村 架純 福田 健太郎:KENCHI 秀樹.T:遠藤 憲一 マダム陽/マダム陰:浅野 ゆう子 一 十一:神木 隆之介 志村 美鈴:福田 沙紀 地居 聖:城田 優 冷泉 俊明:田中 哲司 海野 亮太:安田 顕 サトリ:真野 恵里菜 宮野 珠紀:三浦 貴大 

=Comment=
テレビドラマからのファンなのでこれはもう観るしかないと思いまして。
今回の結は前編と後編に別れているので話は結構中途半端な感じだし、エンディングはエンドロール無しという思い切った形で終了してました。しかも実は上映時間は2時間きってますが2時間以上観てた感じというか、長く感じました。
しかし後編に向けて、吉川刑事も復活してましたし、新たなSPECホルダーも出てきて、さらに世界規模での何かが始まりそうな予感がしたんで後編でどんな風に幕引きするのかがとっても楽しみです。
この映画の後編がSPECの世界の見納めになるのかと思うとちょっと寂しいですよ、SPECを連ドラ時代から好きだった私としては。特に未詳の3人のちょっとチグハグなんだけどじつは息があってるんじゃないっていう掛け合い大好きです。

"2013年11月8日旧ブログにて公開した記事"
posted by Hitomi at 19:00| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月20日

劇場版 SPEC 〜天〜

劇場版 SPEC 〜天〜

2012年 日本映画

=Cast=
当麻 紗綾:戸田 恵梨香 瀬文 焚流:加瀬 亮 伊藤 淳史:伊藤 淳史 青池 里子:栗山 千明 宮野 珠紀:三浦 貴大 市柳 賢蔵:でんでん マダム陽:浅野 ゆう子 志村美鈴:福田 沙紀 一 十一(ニノマエ ジュウイチ):神木 隆之介 似内 晶:麿赤兒 福富 薫:利重 剛 正汽 雅:有村 架純 馬場 香:岡田 浩暉 鹿浜 歩:松澤 一之 猪俣 宗次:載寧 龍二 津田 助広:椎名 桔平 野々村 光太郎:竜 雷太

=Comment=
この作品はドラマが大好きで全て見たかった作品、ドラマ以上に瀬文と当麻のキャラがデフォルメされてた感じもしましたがとっても面白かったです。
スペックホルダーたちが起こしたミイラ化事件から始まる物語、ドラマで亡くなったはずのニノマエも出てきて最終的にどう収束に持っていくのかとスクリーンに釘付けとなりました。さらに今回CIRO特殊犯の青池捜査官と瀬文との過去、そして青池捜査官の娘までもがスペックホルダーである事もまた最後までスクリーンに釘付けにしてくれました。
当麻の左手の本当の威力は凄くて、そのスペックを悪に利用すれば本当にほろびかねないもので、そのスペックの事で思い悩む当麻の姿は切なくて。だから自分が特別な存在だと思っていて人を食ったような態度を取るニノマエがなんと憎々しい事。だから当麻と瀬文そしてニノマエの最後の対決は見ものでした。
ラストはちょっとどうよとも思ったりもしたんですが、何だか続きがありそうでなさそうな雰囲気でしたね。できればもう少し見てみたいんですが・・・
戸田 恵梨香さんと加瀬 亮さん、どちらもこのシリーズではイメージと違う役柄でしたがこういうのもいいですね。それとドラマの時から気になっていた載寧さん演じる猪俣刑事がなんで広島弁なんじゃろうと、さっき調べたら載寧さんって広島出身だったんですね知りませんでした、だから広島弁の刑事だったんですかね。

"2012年4月18日旧ブログにて公開した記事"
posted by Hitomi at 21:10| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 さ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。