2014年09月07日

バスケットボール・ダイアリーズ

バスケットボール・ダイアリーズ
1995年 アメリカ映画
- 原題 - The Bascketball Diaries

=Cast=
ジム:レオナルド・デォカプリオ ペドロ:ジェームズ・マディオ ミッキー:マーク・ウォールバーク 

=Comment=
改めて思ったのは、ディカプリオなんて細いんでしょうということ。今ではその面影が無くなってるけど・・・。で、そのディカプリオは大熱演!この頃の彼は本当に演技がうまい。そして端正な顔立ちをしてました(過去形です)。
これは、ジム・キャロルの原作でかれの自伝を映画化してるそうなので、実話がもととなってます。だから余計にアメリカのちょっと不良の高校生の生活がよくわかります。

"2004年11月19日旧ブログにて公開した記事"
posted by Hitomi at 21:39| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

2013年 ドイツ映画

− 原題 − THE DEVIL'S VIOLINIST

=Cast=
ニコロ・パガニーニ:デヴィッド・ギャレット ウルバーニ:ジャレッド・ハリス シャーロット・ワトソン:アンドレア・デック エセル・ランガム:ジョエリー・リチャードソン ジョン・ワトソン:クリスチャン・マッケイ エリザベス・ウェルス:ヴェロニカ・フェレ バーガーシュ卿:ヘルムート・バーガー

=Comment=
実はパガニーニというヴァイオリニストは事はまったく知らず、映画の内容も良く分からないままたまにはこういうミニシアター系を見に行こうかなと思って見に行きました。
パガニーニはかつて超絶技巧だったため悪魔のヴァイオリニストと呼ばれていたんですね。
ウルバーニに出会うまでのパガニーニは前座であ客さんにも音楽を聴いてもらえない日々だったんですが、ウルバーニをマネージャーに迎えてイメージ戦略であっという間に有名人になってくんだけど、最初からパガニーニの態度はあまり好きになれませんでした。女たらしで何か薬物依存な感じだし、横柄な態度で、しかしヴァイオリンの事がまったく分からない私でも“凄い”って思えるほど凄く素敵なヴァイオリンの音色に感動してしまいました。
ロンドン公演の時に尽力を尽くしてくれたジョン・ワトソンの娘さんと恋に落ちたのはありがちなストーリー、しかし別れた後もパガニーニはずっと彼女の事を思って一緒になりたいと思っていたのに彼女のほうは前に進んで別の素敵な男性と結婚して幸せな生活を送るという対照的な事にビックリしました。

"2014年8月3日鑑賞"
posted by Hitomi at 00:13| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

春を背負って

春を背負って》 

2014年 日本映画

=Cast=
長嶺 享:松山ケンイチ 高澤 愛:蒼井優 長嶺 菫:檀 ふみ 長嶺 勇夫:小林 薫 多田 悟郎(ゴロさん):豊川 悦司 中川 聡史:新井 浩文 工藤 肇:吉田 栄作 中川 ユリ:安藤 サクラ 須永 幸一:池松 壮亮 朝倉 隆史:仲村 トオル 高野 かね:市毛 良枝 文治:井川 比佐志 野沢 久雄:石橋 蓮司

=Comment=
前作の《剣岳》が良かったし、大好きな蒼井 優ちゃんや松山 ケンイチさんが出てるので見に行きました。
亡くなった父親の後を継いで山の上にある山小屋経営を始める息子の物語。
一流企業で働いていた亨が山小屋で働いて、お客さんと触れ合う事で成長してく姿がかっこいい、そして山小屋は大成功で終わる。
だけど実は私この映画を観る前、この映画のストーリー的には山小屋経営がうまくいかなくて紆余曲折あって成功していく、その努力みたいなのがもっと描かれていくのかと思ってました。でも結構早い段階から山小屋経営はちゃんとできてて、周りの人や今まで働いてた人ともあまり揉める事もなくあっさり出来ててその辺はちょっとがっかり。
さらに父が経営していた時に働いていた人たちも亨の事をすんなり受け入れて助け合ってて素敵なお話なんだけど、何だかちょっと残念な感じがしました。
ラストにゴローさんが倒れて彼を助ける為に必死になってる姿は感動して涙が出そうになりました。
映画の最中の所々で鳴る音(音楽では無くジャーンみたいな音)、昭和だなぁと想いました(笑)なんかサスペンスでもないのに「ジャジャーン」みたいな音はちょっとなぁと思いました。
それとラスト、亨と愛が手をとりあってグルグル回ってるシーンあれもTHE昭和だなと思いました(笑)
まさよしさんの主題歌、これはとってもよくって耳にすっと入ってきました。

"2014年6月21日鑑賞"
posted by Hitomi at 22:36| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 は行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。